赤ふくは郷土料理なのか??

Pocket

Hi!!

今日は、とても鮮度の良い、牛の肺が店頭に並んでおり、売り場にとても映えていました。

三次では昔から良く食べられていたと思われる、この臓器ですが、ネットで探す限り、地元で食べる食べ方が出てきません、

私が食べていたものは、この牛の肺を細かくし、そのまま醤油、砂糖、みりん、しょうがで炊いたものを良く食べていました。

先日も、この物体を販売していると他の県のスーパーの方に話をしたのですが、驚いておられる様子です。やはり郷土料理なのであろうか???

今後も由来など含めて探してみます。

基本的には、三次は、ホルモンをよく消費する街だとも、言われており。親鳥、わに(さめ)、ホルモンと、ホルモンは別にしても山間部の街だけに、めずらしい商材ばかりです。もともと、親鳥自体は、昔は普通だったのでしょうが、ブロイラー化してどんどん消費が減っていったのでしょうね。

そうやって考えると、やはり食は面白い。

あかふく久しぶりに食べたくなりましたが、実際つくったことがないので、手が出せません。しかしこの写真だけ見るとなんともグロテスクですね。

私は大好きです。

地元ならではの食材に、フード名物の牛タン、ホルモン、年末に向けてどんどん品揃えしています。

食を もっと楽しく もっと美味しく  morefoodies!